本文へスキップ
害虫でお悩みの方、プロの作業員が今すぐ緊急出動します。
スズメバチ・ゴキブリ・ネズミ・チャドクガ・クモ等の害虫を退治します。
365日何時でも、今日の今、今日の明日でも即対応!24時間対応!


                                                



■便利 害虫駆除 ■便利 蜂の駆除

■便利 害虫駆除 

大スズメバチの駆除は、横浜大興にお任せください!

便利 害虫駆除 


蜂防護服を身に着けなければ
一巻の終わり!

蜂の駆除


蜂の駆除


初夏になると、家の軒下や庭木に小さな蜂の巣を見かけることがありますが、そのままにしておくと、巣は2〜3倍以上の大きさになってしまいます。
巣の小さなうちは比較的容易に駆除できますが、大きくなると蜂の数も増えて専門業者でないと駆除が困難になります。
スズメ蜂などに刺されますと大けがをしたり、蜂毒アレルギー体質の方は死亡する例もあります。
駆除を行うときには注意して、刺された場合は素人判断しないで医師の診断を受けましょう。
オオスズメ蜂,スズメ蜂,アシナガ蜂,ミツ蜂,クマ蜂,
等の駆除など任せ下さい。素人の駆除は大変危険ですのでおやめ下さい。

今すぐ電話!
080-3394-0051


■便利 害虫駆除 
便利 害虫駆除 

最も危険で大きな蜂に、臆病なスズメの名前が付いているのはなんでだろう。
大きくて危険で黄色と黒といったらトラを連想するのだが・・・

ハチ=刺す と考えがちですが、無闇に人を刺しているわけではないのです。ハチの種類や状況によっては巣に近付いただけで威嚇、攻撃してくる場合もありますが、普通の状態なら巣を刺激したり手で捕まえたりしないかぎり滅多に人を攻撃することはありません。
 巣を見つけても危険がないようでしたら駆除せずにそのまま見守って下さい。ハチも地球の生態系を構成する大切な一員です。





ハチは危険? ---
 ハチは世界で10万種以上が知られていますが、人を刺すことで問題になっているのは、スズメバチ、アシナガバチの一部の種に限られています。
 とはいえこの一部が問題なんですが・・
 これらのハチに共通することは、女王バチと多数の働きバチがいて集団生活をするということ。毒針は巣や自分を守るためのもので、ジガバチやベッコウバチなどとは違って狩りに使うことはありません。
 ちなみに毒針は産卵管が変化したものと言われています。なので雄バチは刺しません。


巣には近づかない ---
 ハチが集団で攻撃体勢をとるのは巣に外敵が近づいたり攻撃を受けたと判断した場合だけです。ハチの種類によって攻撃性の強いものから弱いものまでありますが、いずれにしても巣に近づかないことが問題を避ける一番の方法です。
 巣から離れた場所で単独で食料採取などしている状態では攻撃性が少なく、そお〜っと近づけば観察も可能です。ただオオスズメバチなどが集団で樹液に集まっている場合は少し危険ですので、特に刺激しないよう気をつけてください。
 またススバメバチ以外のおとなしいハチでもうっかり触れてしまったり衣服の間に入って圧迫を受けた場合には刺します。これはどうしようもないですね。 (^_^;


危険なのは夏から秋 ---
 スズメバチやアシナガバチの巣は夏から秋にかけて規模が最大になります。働きバチの数も最も多くなり攻撃性も強くなるので、この頃に野や山に出かける時は特に注意が必要です。もし気付かずにうっかり巣に近づいてしまった場合は、慌てず騒がずゆっくりその場を離れてください。急な動作はハチを刺激するので禁物です。それでももし不幸にして攻撃を受けてしまった場合、これはもう一目散に逃げましょう。


巣は身近な所にも ---
 また巣は野や山だけでなく住宅街や近郊の公園など、どこにでも作られている可能性があります。草刈りや庭木の手入れのとき知らずにハチの巣を刺激して刺されるという事例をよく耳にします。ハチを一度に何匹も見かけた時は近くに巣があると思って注意して下さい。
 建物などの脇に寿命のつきた働きバチが何匹も転がっていたら、軒下には巣が作られている可能性があります。頭上にも注意しましょう。

・蜂に刺されると痛いだけでなく、体質によってはアレルギー反応によるショック症状を起こす人がいます。小さなハチでも同じこと。手当てが遅れると死亡する場合もあるので、刺された後に気分が悪くなったり視覚や意識その他全身に異常が現れたときはすぐに病院で診察を受けてください。このアレルギー症状(アナフィラキシー)により毎年多くの方が亡くなっています。



 スズメバチやアシナガバチは、冬になると働きバチや雄バチは死に絶え、翌年女王になるハチもどこか別の場所で越冬するため巣は放棄されます。再び使用されることはありません。冬になれば巣は手に取ってじっくり観察することができます。

☆スズメ蜂・足長蜂の駆除 無料 ☆
蜂の駆除
蜂退治!無料!遠慮なくご依頼下さい。
横浜便利屋大興にお任せください!
初夏になると、家の軒下や庭木に小さな蜂の巣を見かけることがありますが、そのままにしておくと、巣は2〜3倍以上の大きさになってしまいます。
巣の小さなうちは比較的容易に駆除できますが、大きくなると蜂の数も増えて専門業者でないと駆除が困難になります。
スズメ蜂などに刺されますと大けがをしたり、蜂毒アレルギー体質の方は死亡する例もあります。
駆除を行うときには注意して、刺された場合は素人判断しないで医師の診断を受けましょう。
オオスズメ蜂,スズメ蜂,アシナガ蜂,ミツ蜂,クマ蜂,
等の駆除などお任せ下さい。素人の駆除は大変危険ですのでおやめ下さい。

蜂の退治方法を学ぼう!
蜂を退治する良い方法はないものかとアナタは頭を悩ませてはいませんか?
蜂はその習性上、春先から秋頃に蜂の巣を民家の一部に作って活動する場合があります。
その為、アナタのご自宅に蜂が入り込んで刺されてしまう可能性も否定できないのです。
簡単な蜂への対策や、もしもの時の蜂退治の方法をここでしっかりと学んで、被害を未然に防ぎましょう!

蜂退治の方法
蜂退治の方法に関してはいろいろな情報を入手できるのですが、実際に行うとなると素人ができる範囲は限られています。リスク高いですからね。巣が小さいうちは安全をしっかり確保しつつ、蜂専用のスプレーをうまく利用するのも方法ですが、やはり最終的には駆除業者にお願いするのがベストですね。



■スズメ蜂のプロフィール 
 アメリカでは通常イエロージャケットと呼ばれているスズメバチは、イエロージャケットの近縁種であるベスパ属に属するハチである。スズメバチは約20種あり、その多くは熱帯アジアに生息しているが、ヨーロッパをはじめアフリカや北アメリカにも分布している。なお、ヨーロッパのスズメバチは人間が持ち込んだものだ。

 社会生活を営むスズメバチは、木をかみ砕き、それを紙の原料であるパルプのようにして巣を作る。卵から成虫になるまでの間は、巣の中で成長する。スズメバチは一部の木の樹液をエサとしているが、ほかの昆虫を捕食する名ハンターでもあり、ハエやほかのハチなどがエサとなる。

 女王バチは巣の支配者であり、産卵をする唯一のメスバチだ。ほかの多くのスズメバチは産卵をしないメスの働きバチで、巣作りや食料集め、幼虫へのえさやり、コロニーの保護など共同体の中で重要な役割を担う。オスバチの数はごくわずかで、課せられたたった1つの実質的な役割は、女王バチとの交尾なのだ。オスバチは通常、交尾を終えて間もなく死んでいく。

 冬になるとスズメバチの巣は捨てられ、新しい若い女王バチおよび卵だけが、木の皮の下や人間の住居内に安全な場所を見つけて越冬する。春になるとその女王バチは巣作りを始め、やがて幼虫が働きバチとなり、新しい巣内の仕事を受け継ぎ、女王バチは産卵に専念するようになる。女王バチはさらに多くの働きバチの卵を産み、巣は大きくなっていく。そして、次世代の繁殖を担う新たな女王バチとオスバチの卵を産んだ後に、女王バチはその一生を終える。

 働きバチは自分たちの巣を強力な毒針で防御している。挑発されない限り、人間を刺すことはないが、ハチ毒アレルギーの人や、刺されると非常に危険な反応を起こす人もいる。

 スズメバチは巣に危険が迫っていると感じると、攻撃的な防衛活動に出る。そのため、特に人間の生活圏付近に巣を作った場合には、害虫として扱われることが多い。その毒針に恐怖感を抱いている人は多いが、巣を薬品で駆除されたスズメバチは、最大の危機を迎えることになる。ドイツのように、スズメバチを保護して、生態系内におけるその役割を維持しようとしている地域もある。



■蜂に刺されてしまったら 
1.ハチは何度でも攻撃してきます。ハチに刺された場所から速やかに離れて下さい。
2.
3..毒液は水に溶けやすいため、蜂に刺されたら、まず傷口を流水でよく洗い流し、傷口から毒を絞り出しましょう。口で吸った場合、毒は必ず吐き出すこと。そして、ステロイドを含有したか軟膏を塗って病院で診てもらいましょう。
蜂に刺されたら、アンモニア水やおしっこをかけるとよいという考えもあるようですが、蜂の毒はアンモニアで中和するというのは、効果がありません。


■蜂の危険性
ショック死は二ショック死は二度目の蜂刺され! 蜂の被害は全国各地におよび、国内では毎年30人〜50人もの死者を出しています。 その数の多くが自分で駆除をしようとし、自分が刺されてしまった。又は、攻撃態勢になった蜂が通行人を襲ってしまった等があります。都市近郊で近年被害を増大させています。 刺されると激痛を感じ、痛みは時間の経過と共に増加する。 また、刺された箇所は熱を持ち、数分の間に大きく腫れ上がり発熱を伴う場合もあります。 重症の場合には、顔面が蒼白になり、全身に震えが来る。 嘔吐、下痢、ショック症状、血圧の急激な低下などの症状も見られ、刺されてから15分〜40分位の間に意識不明に陥ることもある。 これは蜂毒に対してアレルギーを持っている人に見られる症状で、「アナフィラキシー・ショック」と呼ばれています。 蜂に刺されて死亡するケースのほとんどが、このショックによるものである。 アナフィラキシー・ショックの人は、一度蜂に刺されると、その毒と過剰反応する抗体ができてしまいます。
 一度目は軽症でも、二度目以降にはアレルギー反応を引き起こしやすい体質になっているので、重症になってしまうことが多く。 一度刺された経験を持つ人は、十分な注意が必要です。
体質により数日後に来るショックがある場合もあるので十分な処置が必要です。

■蜂に刺されない為には 

蜂の駆除,蜂の巣駆除,スズメ蜂駆除,足長蜂の駆除,蜜蜂駆除,害虫駆除,全国対応,見積もり無料

(1)巣に近づかない、巣に石を投げたり、つついたりして蜂を刺激したりしない。
(2)巣の前を急いで横切ったり、振動を与える等急激な動作を避ける。
(3)巣の近くで芳香のある香水、ヘアスプレ−、その他化粧品を使わない。
(4)純毛製品や黒い衣服は、刺されるので、こんな服装で巣に近寄らないこと。  
(5)蜂がいる場所で、熟した果実やジュ−ス等甘味料を飲まないこと。 蜂は、木の樹液や、甘いものに集まってきます。)
(6)洗濯物をとりいれる時は、蜂が潜んでいないかよく点検する。
(7)駐車中の自動車の窓は、必ず閉めておく。
(8)野外活動中にスズメバチ類の巣と突発的に遭遇し、見張りの蜂に威嚇や 攻撃を受けた場合、大声で騒いだり、腕でハチ類を追い払う事は厳禁です。 姿勢を低くして巣から速やかに離れる事が重要です。
(害虫駆除,スズメ蜂の巣駆除,あしなが蜂の巣駆除,ミツ蜂の巣の駆除)
■スズメ蜂のプロフィール 
 アメリカでは通常イエロージャケットと呼ばれているスズメバチは、イエロージャケットの近縁種であるベスパ属に属するハチである。スズメバチは約20種あり、その多くは熱帯アジアに生息しているが、ヨーロッパをはじめアフリカや北アメリカにも分布している。なお、ヨーロッパのスズメバチは人間が持ち込んだものだ。

 社会生活を営むスズメバチは、木をかみ砕き、それを紙の原料であるパルプのようにして巣を作る。卵から成虫になるまでの間は、巣の中で成長する。スズメバチは一部の木の樹液をエサとしているが、ほかの昆虫を捕食する名ハンターでもあり、ハエやほかのハチなどがエサとなる。

 女王バチは巣の支配者であり、産卵をする唯一のメスバチだ。ほかの多くのスズメバチは産卵をしないメスの働きバチで、巣作りや食料集め、幼虫へのえさやり、コロニーの保護など共同体の中で重要な役割を担う。オスバチの数はごくわずかで、課せられたたった1つの実質的な役割は、女王バチとの交尾なのだ。オスバチは通常、交尾を終えて間もなく死んでいく。

 冬になるとスズメバチの巣は捨てられ、新しい若い女王バチおよび卵だけが、木の皮の下や人間の住居内に安全な場所を見つけて越冬する。春になるとその女王バチは巣作りを始め、やがて幼虫が働きバチとなり、新しい巣内の仕事を受け継ぎ、女王バチは産卵に専念するようになる。女王バチはさらに多くの働きバチの卵を産み、巣は大きくなっていく。そして、次世代の繁殖を担う新たな女王バチとオスバチの卵を産んだ後に、女王バチはその一生を終える。

 働きバチは自分たちの巣を強力な毒針で防御している。挑発されない限り、人間を刺すことはないが、ハチ毒アレルギーの人や、刺されると非常に危険な反応を起こす人もいる。

 スズメバチは巣に危険が迫っていると感じると、攻撃的な防衛活動に出る。そのため、特に人間の生活圏付近に巣を作った場合には、害虫として扱われることが多い。その毒針に恐怖感を抱いている人は多いが、巣を薬品で駆除されたスズメバチは、最大の危機を迎えることになる。ドイツのように、スズメバチを保護して、生態系内におけるその役割を維持しようとしている地域もある。

■スズメ蜂・足長蜂の対処法☆ 
蜂の退治方法には個人でできるものもあれば、危険なので蜂の駆除業者や役所などにハチの退治をお願いしたほうが良い場合もあります。
いずれにせよ蜂退治にはそれなりの予備知識を持っておく事がベスト。
特に蜂への対策方法に関する心得は少しでも知っておいて損はありません。
一番良いのは蜂に遭遇しないようにすることですからね。
ここでは足長蜂やスズメ蜂といった、日常で特に見かける機会も多く刺されてしまう危険性も高い蜂達への簡単な対策方法について解説します。
アナタのご自宅に進入する確率も高い足長蜂にスズメ蜂。
これらの蜂はアナタの気づかない間に家の軒下などの物陰になるところへ自分たちの蜂の巣を作りあげている場合があります。
実際に我が家でも、自転車小屋の屋根の下やベランダに蜂の巣を作られたことがあったり、
眼前で蜂が物干し竿に堂々と巣を作ろうとしているところを見かけた事があります。その時は蜂が一時的にその場を離れた隙を見計らって、市販の殺虫剤を周囲に撒き、未完成だった小さな巣にビニール袋を何重にも重ねてつまみ取ることで事なきをえましたが蜂への対策は殆ど講じていなかったので、今思うとかなり危険だったかもしれません。
アシナガバチやスズメバチなどの蜂への対策は簡単なものとしてまず黒い色のものをなるべく身にまとわないことと、後は香りの強いものを持たないこと。
特に香水などをつけている状態は危険であり、蜂の攻撃性を刺激することになりますので、ご自分の状態を一度確認することが大事です。
今一度まとめると、蜂が巣を作りそうな場所の周囲へ殺虫剤をまめに吹いておくことと蜂を直接刺激するような事(香水をつけたまま鉢の巣に近づく等)はなるべく避けること。
簡単ですが、これらに気をつけるだけで大分違いますので覚えておきましょう。


■蜂の習性を学ぼう 
蜂を退治する為の方法を色々とここではご提供していきますが、その前にまず、蜂の習性について少し知っておきましょう。
蜂退治の方法をいくら知っていたとしても、蜂の習性をある程度理解していないと何度もアナタの家のどこかに蜂の巣が作られてしまったり、
窓を開ける度に自宅へハチが進入してしまったり…という恐れがありますからね。
ですから、蜂の習性と事前の対策方法を知っておく事はとても重要なのです。

では、蜂退治の方法の前に知っておきたい蜂の習性というか、蜂の活動時期ですがこれは蜂の種類によっても多少異なりますが、概ねは気温が少し暖かくなり始める春先の2月から真冬の時期に入る前頃(10〜12月頃)までとなります。長いですね(-_-;)
この期間は気が抜けません。しっかりと蜂対策を念頭に置いておきましょう。
なお、蜂の活動時間としては朝の7〜8時頃から日中にかけて最も活発に活動し、夕方から夜にかけて巣へ戻り、そのままお休み状態となることがほとんどです。

よく見かけるアシナガバチやスズメバチは生態上、上記の活動時間中に巣を作るのに適した場所を探しに来たり、実際に蜂の巣を作り始めたりします。
また、これらのハチの巣が別の離れたところにある場合は餌の採取のためにふらりと民家へ立ち寄る場合もあるので、植木やガーデニングを趣味をとしている方は特に注意を払うようにしましょう。
花が咲いている所や水場は蜂の好む場所でもあるのです。

☆足長蜂の駆除方法☆
足長蜂の退治方法と対策について、ここではご説明します。
足長蜂(アシナガバチ)は遭遇する機会も多く、スズメバチと見間違う場合もあり、かなり驚異的に感じる事もありますが、多くの場合は刺激さえしなければ足長蜂に刺されてしまう事はそうはなく、また、仮に刺されてしまったとしても重症に陥る危険性は低いです。

この点はミツバチやクマバチと同様ですが、足長蜂は目に見える部分へ巣を作りやすい為、家の中まで進入してしまうことも多いんですよね(-_-;)
その為、足長蜂の対策を講じていないと気が休まらないというのもまた事実です。

足長蜂とスズメ蜂をパッと見で見分けるのは難しいですが、蜂の巣の形状は異なります。
足長蜂の巣は見ると、六角形の穴がいくつもあるのが見えますがスズメ蜂の巣は表面に模様のある球状の物体だと覚えておくとよいでしょう。

話が反れましたが、足長蜂の退治方法と対策は前述のアシナガバチの特性に従ってまず、過度に刺激しないようにすることと、迂闊に逃げ回らないこと。
そして香水などを付けている場合は要注意。
これは蜂に自ら「攻撃してくれ」と言っているようなものです。

また、足長蜂の巣に必要以上に近づくのも危ないので、蜂が苦手とする煙を炊くのが足長蜂の退治や対策法として有効です。蚊取り線香などで代用できます。
蜂を追い払った後は、巣を作りそうな場所の周囲にキンチョールなどの市販の殺虫剤でいいので、それをしっかり噴いておくとよいでしょう。
要はアシナガバチが近づきたくなくなる環境を作り出せばよいのです。




ハチの駆除とは

最近自宅の周りでハチの姿をよく見かけると思っていたら、家の周囲でハチが巣を作っていたなどということは街中でも結構あることです。ハチの種類によってはそのままにしていても害がないという場合もありますが、やはりハチというと刺される危険もありますし、場合によっては命にかかわるような場合もありますので駆除をしたいと考える人が多いかと思います。

しかし、ハチの巣の駆除を自分で行うとなると、素人が行ったのでは刺されてしまったりトラブルになる可能性が高いのです。また、正しく駆除しなければ、せっかく駆除をしても同じ場所にまた巣を作られてしまうこともあります。

そんなやっかいなハチの巣の駆除も、便利屋に依頼できることの一つです。林や森など、本来ハチが巣を作るべき場所が現象したことから、ハチが街中など人家に近い場所で巣を作るケースは増えており、それに伴い便利屋へのハチの巣駆除の依頼も増加しています。

便利屋には、ハチの巣を駆除するための専用の薬剤や道具がありますので、便利屋に依頼をすればハチに刺されてしまう心配もなく、安心してハチの巣の駆除を行うことができます。

ハチの種類や、巣のある場所、また依頼を請け負う便利屋によっても作業の手順は異なりますが、一般的にはまずは巣に薬剤をかけてハチを弱らせておいてから巣を駆除し、巣があった場所にもどってくるハチも後から駆除していくという方法で駆除が行われることが多いでしょう。

作業中は窓を開けず、駆除が終わるまで家の中で待機していれば、ハチに刺されてしまう心配はありません。ハチの巣の駆除を行う際に、隣家が近くにあるようであれば、隣家にもハチの巣の駆除を行うため窓をあけないでほしいことなどを事前に伝えておくといいでしょう。

ハチに刺されることは、ただ痛いというだけではなく、過去に同じハチに刺されたことがある人が同じハチに2度目に刺されるとアナフェラキシーショックを起こして、最悪の場合には死にいたることもあります。ハチが巣を作ってしまったような時には、無理に自分で駆除しようと思わずに便利屋を利用してみてはいかがでしょうか。やっかいなハチの巣も、専用の薬剤や道具を持っている便利屋なら安心、安全に駆除してもらうことが可能です。

横浜大興、神奈川県の便利対応エリア
【神奈川県便利エリア】
愛川町(愛甲郡) 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 大磯町(中郡) 大井町(足柄上郡)小田原市 開成町(足柄上郡) 鎌倉市
相模原市 寒川町(高座郡) 座間市 逗子市 茅ヶ崎市中井町(足柄上郡)  二宮町(中郡)  箱根町(足柄下郡)秦野市 葉山町(三浦郡) 平塚市 藤沢市 松田町(足柄上郡) 真鶴町(足柄下郡)
三浦市 南足柄市 山北町(足柄上郡)大和市 湯河原町(足柄下郡) 横須賀市
 便利屋営業エリア

【川崎市便利エリア】
川崎市麻生区・ 川崎市川崎区・川崎市幸区・ 川崎市高津区・川崎市多摩区 ・川崎市中原区 ・川崎市宮前区
【横浜市便利エリア】

横浜市青葉区 横浜市旭区 横浜市泉区 横浜市磯子区 横浜市神奈川区 横浜市金沢区 横浜市港南区 横浜市港北区 横浜市栄区 横浜市瀬谷区 横浜市都筑区 横浜市鶴見区横浜市戸塚区 横浜市中区 横浜市西区 横浜市保土ケ谷区 横浜市緑区 横浜市南区
 

横浜大興、東京の便利対応エリア
【東京都内便利エリア】
足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区、町田市


お役立ちリンク集
横浜便利屋 横浜大興  便利屋全国ガイ 便利屋.com 横浜便利屋
便利屋検索ガイド全国版  便利屋 便利屋検索ナビ
便利屋ナビ  便利屋 全国便利屋協議会 横浜便利屋
全国便利屋紹介ナビ  あっとベンリー 横浜便利屋 横浜大興 便利屋さん検索サイト 便利屋救急車
YAHOO japan  Google fishing‐labo.net
釣りビジョン  


横浜便利屋 横浜大興
神奈川県横浜市泉区上飯田町2890-73
お電話
横浜市・東京都・都内・全国
http://yokohamadaiko.com/

便利屋のご用命は横浜大興へ。

スズメバチ、アシナガバチ、蜂駆除・害虫駆除は横浜大興にお任せ下さい。